地震への対策もばっちり!?アイダ設計の耐震等級

上手くいけば1.000万円代での住宅購入も可能なアイダ設計ですが、価格が安いと性能に対する不安が出てしまうのも事実です。特に今の日本には必要不可欠な耐震性能、しっかりと対策はされているのか気になるところ。

地震への対策は各住宅メーカー力を注ぐポイントです。その対策の高さを表すのが今回ご紹介する「耐震等級」。数値が大きいほど性能の高さを表しますが、耐震等級1でも基準をクリアした数値となっています。

この耐震等級でアイダ設計の耐震性能を見ると共に、アイダ設計が行っている各種耐震性をご紹介します。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイダ設計の耐震性はどうなの?

まずご紹介するのはアイダ設計が手掛ける地震への対策。この対策は今の日本では必要不可欠な要素であり、いくら住宅の価格が安いからと手を抜くことはできません。

そんなアイダ設計の地震への対策、「耐震性能」をご覧ください。

アイダ設計の耐震性能

断熱材一体型高性能オリジナルパネル

アイダ設計の基礎構造として採用されているパネル。耐震性の高さはもちろんのこと、断熱性、気密性、そして耐火性能にも優れている高品質なパネルとなっています。

モノコック構造

多くの住宅メーカーが採用している高い耐震性を発揮している構造です。従来型の柱による住宅の耐震性に加え、面によるボックス型に構成されたパネルを設置。面全体で力を吸収することができ、地震はもちろん台風などの強い力にも対応しています。

アイダ設計の大きな特徴である「断熱材一体型高性能オリジナルパネル」は対応力の高さがずば抜けており、非常に優秀な性能を持つ住宅を実現しています。その名の通り断熱材とパネルが一つになり、耐震から耐火まで幅広く対応。住宅を形作る構造であり、アイダ設計をも形作る構造となっています。

アイダ設計の耐震等級

紹介した耐震性をまとめて数値で見ることができるのが「耐震等級」。1から3の三段階で表示され、数値が高い方が性能が高いとされています。

とは言え耐震等級1であっても建築基準法の基準をクリアしており、耐震等級2では基準の1.25倍、耐震等級では基準の1.5倍の性能を表しています。

アイダ設計では最高ランクとなる耐震等級3を取得しています。しかしこれはある商品プランに限った話で、耐震性だけでなく太陽光システムにも対応した商品「ブラーボ・ゼネクト」で搭載されています。

他の商品プランでは耐震等級2を取得していると言われ、基準の1.25倍という性能を実現していることから最高ランクではないもののしっかりと対策されていることが分かります。

アイダ設計の地震への影響、評判は?

耐震等級の最高ランクとなる商品プラン「ブラーボ・ゼネクト」を利用すれば、耐震性に関する安心感は確かなものです。しかし全ての人がこの商品プランを選択するわけではなく、耐震等級で最高ランクを取得できない住宅を選択する人も出てきます

しかし基本となる構造はどの住宅でもほとんど同じで、特にアイダ設計の大きな特徴である「断熱材一体型高性能オリジナルパネル」への評判は好調です。

このパネルは地震だけでなく火に対する対策も万全、「防火構造」「準耐火構造」での認定を得ていることから信用度は非常に高いと言えるでしょう。この認定のおかげで、防火制限地域という限られた場所にも住宅を建てることができるのも特徴です。

何よりもアイダ設計最大の特徴である「低価格」はしっかりと確保しながら、この地震への対策を可能にしている点で評価が集まっています。これだけの対策を講じながら安定した価格で提供しているのがアイダ設計一番のメリットと言えるでしょう。

まとめ

価格を見て耐震性へ不安を持つ方もいるでしょう。しかし平均して耐震等級2を取得、商品プランによっては耐震等級3を取得しているのでこの数値だけでも安心感は見つけられるはずです。

住宅メーカーとして定番ともなっている「モノコック構造」を取り入れながら、独自の構造を採用。

そして地震への対策と同時に他の様々な災害にも対策を見せています。価格以上のこだわりを持った耐震性を発揮していると言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました