住友不動産の太陽光発電の売電収入と評判に迫る

住友不動産にも注目の設備「太陽光発電」が備わっています。家庭だけでなく環境にも配慮するエコな設備として注目を集めることになりますが、ただエコなだけではなかなか手が出しづらいのも事実です。

太陽光発電を取り付ける際に重要なのはやはり「初期費用」「売電収入」そして各種保証などの要素となるはず。特に初期費用がずば抜けて高いことでも有名な設備なので、ここをクリアしないことにはなかなか設置とはいけません。

そんな初期費用を含めた太陽光発電の情報と、利用者からの評判をお伝えします。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住友不動産の太陽光発電の評判は?

気になる価格、の前に住友不動産で太陽光発電を取り入れた方からの評判をまとめてみます。

そもそも太陽光発電を設置した場合のメリットとは何なのか。これは住友不動産の公式サイトでも説明がある通り、「家庭で発電」「売電収入」「エコなエネルギー」などざっと挙げるだけでもいくつも存在します。

評判の多くはこの説明通りのものが多く、

「売電収入でローン返済に加えて少しの小遣いにもなる」
「災害時にも安心」
「エネファームとの同時使用で光熱費がさらにお得になる」

といった声が多く聞こえています。使用するまでのハードルが高く、なかなか踏み切れない人も「いざ使用してみれば何の問題が無い」という人が多いのも印象的。

やはりネックなのは最初に掛かる費用なのかもしれません。

住友不動産の太陽光発電の価格は?

住友不動産は太陽光発電に積極的な姿勢を見せる一方で、公式サイト上でも明確な費用を発表していません。この積極的な姿勢もどうやらサイト上でのことで、実際に利用した人の声を聞くとどうやら、

「大きく損をするわけではないがあまり積極的には勧めていない」

というのが実情のようです。とは言えサイト上でおすすめしているのは事実、中には省エネを全面に押し出したZEH」を標準仕様とした住宅プランを提案し、太陽光発電や他省エネ設備を標準に装備するなど「エネルギーを家庭で創る」ことに力を注ぐ姿勢も見せています。

太陽光発電の初期費用

住友不動産が手掛ける太陽光発電の初期費用は約300万円。安い所では約150万円という初期費用となっていることからその価格の高さが見えてきますが、多くの人がここからさらに値下げ交渉を成功させているようです。

中には100万円近くの価格低下を実現した人もいるようで、一概に300万円とは言えません。平均すると約200万円といったところになるでしょう。

保証

太陽光発電専用の保証に関しては、同様に明確なものを得ることができませんでした。しかし住友不動産には住宅保証として30年間と長期保証が付いてきます。屋根に関しても同じ扱いとなるので、ここに含まれることになるのかもしれません。

しかし1つ注意点が存在します。住友不動産が協力しているメーカーでの太陽光パネルの設置に関してはこの保証に含まれることになるでしょう、しかしもし違うメーカーからのパネルの設置を行うと保証が働かない可能性が出てきます。

もし希望のメーカーがあるのなら、まずは担当者にそのメーカーが使用できるのか、そして保証に関しても相談してみることをおすすめします。

住友不動産の太陽光発電の売電収入はどうなの?

太陽光発電の一番のメリット「売電収入。この収入金額が太陽光発電を設置するかどうかを左右させる要素であり、一番気にしてしまう要素です。

まずは住友不動産が「収入を生む家」として紹介し、シミュレーションされた売電収入を見ていきます。

シミュレーションによる売電収入

発電した電気全てを売る場合の売電収入。

”月に約28.000円分の発電×20年=6800.000円”

つまりこのシミュレーションでは月に28.000円の発電が見込まれているということになります。もちろんこれは様々な条件のもと、一番理想とされるシミュレーションです。実際にこうなるかは正直なところ難しく、あくまで理想として参考にしておくのがいい数字でしょう。

売電収入の現実

実際に利用した人の中にはきっちりと発電した電気を全て売却する人は少なく、家庭用の電気に充てる場合がほとんどです。そのため、実際に売電収入として入る金額は月に約8.000円。1年を通して約100.000円程度と言われています。

これを多いと見るか少ないと見るかは人それぞれ、いずれにせよ相談時に担当者が言っている「大きな損はしない」というのはあながち嘘ではなさそうです。

まとめ

まだまだ太陽光発電は普及途中、住友不動産という大きなメーカーでもそれは変わりません。しかしエネルギーに関する問題が多く挙げられる現在だからこそ、今まさに普及を進めている段階なのかもしれません。

費用がどうしても掛かってしまう太陽光発電ですが、住友不動産は比較的価格の低い住宅メーカー。もし少しでも余裕があるのなら、一度検討してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
住友不動産
フォローする
転勤族マイホーム計画
タイトルとURLをコピーしました