住友不動産の意外な素顔!知名度の広さと坪単価・価格は比例しない!?

「住友不動産」という名前を知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。それほどの知名度の広さを誇る住友不動産、これだけの名前を持つなら価格もある程度の高さを示すのではないか、そう思うのも無理はありません。

住宅の坪単価は住宅メーカーの基本情報ともなる存在、住友不動産ともなれば平均より上でも納得してしまいます。しかしながらその素顔は真逆のもので、ただ漠然と高い訳ではないことが分かっています。

ではその基本情報となる坪単価をはじめとする、住友不動産の価格について迫りたいと思います。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住友不動産の価格や坪単価は?

まずは住友不動産の基本となる坪単価をご紹介します。

坪単価約50万円~
本体価格約2.000万円~(40坪の場合)

大手住宅メーカーにもなると坪単価は70万円や80万円も当たり前です。この価格からも分かる通り、住友不動産は知名度も高く、様々な形態の建物建設を行っている反面「家」というジャンルに関しては比較的安くなっています。

もっと分かりやすくするために、他の住宅メーカーの価格もご紹介します。

他住宅メーカーの坪単価

住友林業

坪単価 約65万円~
本体価格 約2.600万円~(40坪の場合)

住友不動産と同じく住友財閥から生まれた住宅メーカーです。しかし住友不動産よりも価格が高くなっているのが分かります。木造住宅の建設に力を注ぎ、品質とデザイン性にも長けているメーカーです。

アイフルホーム

坪単価 約30万円~
本体価格 約1.200万円~(40坪の場合)

ローコストメーカーとして人気を集める住宅メーカー。1.000万円台からというお手頃な価格ながら、高品質な家作りも行っています。

住友不動産の価格・坪単価の内訳は?

坪単価、本体価格を確認しても、住宅購入に掛かる費用はそれだけではありません。最終的な内訳にはどのような項目が記載されているのか、まだ購入にも至らない時かもしれませんが少しぐらい目を通していたって問題ありません。

むしろ事前の情報収集として実際に発生するものをしっかりと確認しておくことは必要です。そんな住友不動産の内訳をご紹介いたします。

住友不動産の内訳

本体工事

一番費用が掛かる建物本体を形作る工事です。建物の価格、つまり坪単価と広さを掛け合わせた家の基本となる価格がこれに当たります。

給排水本管接続

その名の通り、水回りの本管への接続工事です。

屋外給排水工事

「給排水本管接続」にも繋がる外から中へと給排水を通す工事です。

空調工事

室内の空調システムの工事。システムによっては住宅全体にも渡る大きな工事となるため、費用も他よりも掛かることになります。

地盤改良工事

耐震性の基礎の基礎となる地盤の工事。地盤の調査から、その地盤に合わせての工事を行うことで時には大がかりなものになることもあります。そのため、100万円前後の費用を見ておかなければいけません。

外構工事

本体工事以外にかかる工事は「付帯工事」と呼ばれ、外構事項はその中でも最も費用の掛かる工事になります。約200万円と大きくなることもありますが大事な工事なので必須項目の1つでもあります。

住友不動産の総額は契約前見積もりとどのくらい差が出る?

当初考えていた予算から大きく外れることは稀なことではありません。むしろ予算ぴったりになることの方が稀で、見積書を貰った時は多くの人が不満の声を漏らしてしまいます。

その理由で大きいのがやはり「オプションの追加」でしょう。単純に当初組み込むことを考えていなかった物を追加したのですから当然です。

もう1つの理由として挙げられるのが「他住宅メーカーとの比較」です。

「あのメーカーではもっと安かったのに」

なんていう声は多くあり、項目1つだけ見ても他メーカーと倍近い価格差が生まれることもあるほどです。重要なのは「その価格で納得できるか」であり、多少高くても性能や他の部分で良い所があるのなら妥協するのも1つの手です。

ただ単純に価格だけを見て、「高くなった」ではなく「何故高くなったのか」を知ることが大事なのです。

まとめ

坪単価はそのメーカーを知る大事な情報。決してバカにはできませんが、それだけを見るのも良くありません。高くても問題が発覚することもあり、安くても高品質を打ち出す所は存在します。

住友不動産は比較的安く、高品質も打ち出している、そして何より大きなブランド力を持っている住宅メーカーです。この坪単価なら安心、と思いたい所ですがあくまでも基本情報としてこれを基にさらなる情報収集を行うのがいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
住友不動産
フォローする
転勤族マイホーム計画
タイトルとURLをコピーしました