パナホームの二世帯住宅は家族ごとにプランを提案

 

パナホームは二世帯住宅にも力を入れており、「つどいえ」と称した独自の二世帯専用のコンセプトを発表しています。

それぞれの家族の交流から適度な距離感までを考え、両家族が快適に暮らせる家造りを発信。パナホームの手掛ける高性能な基礎に加え、二世帯住宅ならではの要素を盛り込んだ住宅を作り続けています。

距離感が難しくなってしまう二世帯住宅、その特徴的な住宅をパナホームで考えるのならまずはその基本を知らなくてはいけません。同時に参考となる間取りもご紹介いたします。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パナホームの二世帯の特徴、評判は?

パナホームの二世帯住宅「つどいえ」には特徴を表すコンセプトがあります。

・大家族を楽しむ
・お互いを思いやる
・みんなで家事楽

このコンセプトの元、家造りを展開しそれぞれの家族にそれぞれの快適さを提供しつつしっかりと交流を図れる空間も作り出しています。

この「空間作り」はパナホームが特に力を注ぐポイントで、家中にいくつもの特徴的な空間を設置しています。

パナホームの空間作り

二世帯住宅だからこそできる特徴的な空間は、ただ漠然と広さを提案するものではなく快適さや使いやすさを提案する場所。その空間をいくつかご紹介いたします。

ふれ愛キッチン

両家族が一緒になってキッチンに立つことができる快適空間。

リビング・シェア収納

2つの家族が集まるリビングにはそれぞれの家族がシェアして使用できる収納を設置しています。

エアリー・オープンリビング

広いリビングを設置することで多くの人数が集まっても狭苦しくなく、むしろ賑やかな空間が完成します。

独立脱衣所

多くの人数が集まるからこそ、プライベートな空間を確保することも必要です。

1人の空間と家族が集まる空間をしっかりと差別化していることで快適空間を実現しています。この他にもいくつかのシェア収納スペース、独立空間があり家庭に合わせて取り入れることも可能です。

パナホーム二世帯利用者からの評判

二世帯を利用した方の声を耳に入れておくことで、さらに実感が湧くはず。まだ二世帯への想いが定まっていない人なら尚更です。

二世帯住宅を渋ってしまう人の多くがプライベート空間がなくなる、という考えを持っています。特にそれが義理の両親ともなれば尚更、気を遣うのが当たり前です。

しかしパナホームではこの両家族の距離感に強く力を注ぎ、二世帯住宅だからと言って完全な同居型だけを提案している訳ではありません。ほとんど共に暮らす「融合型」から、完全にそれぞれの居住スペースを分けた「独立型」までいくつかタイプが存在し、その中から自分に合ったタイプを選ぶことができるのがパナホーム。

そしてさらに細かく暮らしの方向性を決めることができるので、どんな家庭にもぴったり合うのが高い評価を得ている部分になります。

パナホームの二世帯の間取り図

ここでパナホームの二世帯住宅の間取りをご紹介。2つの家族が一つ屋根の下で暮らすことになるので、どうしても広く大きな間取りとなりますが見ておくのはそれだけではありません。

各住宅の部屋の配置、家族間の交流を図る場所からプライベート空間まで参考となる部分はたくさんあります。

パナホーム二世帯の間取り1 「2階建て 78坪」

出典:オールアバウト

パナホーム二世帯の間取り2 「3階建て 58坪」

出典:オールアバウト

パナホーム二世帯の間取り3 「2階建て 75坪」

出典:オールアバウト

パナホームの二世帯の価格・坪単価は?

比較的価格が高いとされるパナホーム、二世帯となると広さや設備から通常の一戸建てよりもさらに価格が上昇してしまいます。二世帯での価格の上昇は一般的なもので、パナホームだけでなく多くのメーカーが同じような価格の上昇を見せています。

そこでパナホームと他住宅メーカーの坪単価・本体価格をご紹介。二世帯住宅の基準を知る上では必要な情報となるはずです。

メーカー別、二世帯住宅の価格・坪単価

パナホーム

坪単価約75万円~
本体価格約3.000万円~(40坪の場合)

タマホーム

坪単価約40万円~
本体価格約1.600万円~(40坪の場合)

ローコストメーカーとしても知られているタマホーム。通常の一戸建てでは30万円以下という価格帯も発表されていますが、やはり二世帯ともなるとある程度の上昇が見られます。

ミサワホーム

坪単価約75万円~
本体価格約3.000万円~(40坪の場合)

一般的な住宅から南極など厳しい土地での建設も行っている住宅メーカー。価格帯はパナホームと同程度ですが、二世代から三世代にまで至る家作りを行っています。

まとめ

以前までの「二世帯だからプライベートが無くなる」というイメージも徐々に薄れ、二世帯であるからこそのメリットが注目を集めはじめています。

パナホームはその中でもさらにそれぞれの家族の暮らしに焦点を当て、どちらにとっても暮らしやすく快適な空間作りを心がけているのが分かります。

パナホームならではの家作りと二世帯住宅のメリットで検討している人もまだの人もさらに興味を惹かれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パナホーム
フォローする
転勤族マイホーム計画
タイトルとURLをコピーしました