パナホームの評判・口コミを見るにはまずはその特徴を知っておく

パナホームはその名前こそ国内では知れ渡っている住宅メーカーですが、実際に特徴やこだわりを詳細まで知っている人は調べた人だけしか知り得ません。

パナホームと同じような価格帯のメーカーも数多く存在し、価格面で見た時に選択肢が多いのもまた気付かれにくい要因の1つ。そこで今回はパナホームの基本的な特徴を知っておくべく、その特徴をご紹介します。

特徴だけでなく利用した方の評判・口コミも紹介、単純な表面上の発表よりもより詳しくパナホームを知ることができるはずです。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パナホームの特徴、メリットは?

パナホームには一体どんな特徴があるのか、そしてパナホームを選んだ時にどんなメリットを得ることができるのかをご紹介します。

この特徴はパナホームのこだわりとも言える大きな要素こだわりがそのまま特徴となり自慢すべき点ともなっているのです。

パナホームの特徴とメリット

鉄骨造り

「制震鉄骨軸組構造」「重量鉄骨ラーメン構造」「大型パネル構造」。これら3つの構造を基本にし、鉄骨構造の住宅作りに力を注ぎます。各家庭のライフスタイルや家のプランに合わせ構造を変え、耐震性抜群の家の建設を実現しています。

木造住宅に力を注ぐメーカーが数多く存在する中、こうした鉄骨へのこだわりは貴重で住宅建設にかけるこだわりを感じることでしょう。

☆メリット☆

鉄骨だからこそ実現する詳細な設計による高い耐震性と自由な空間作りが可能。

幅広いライフスタイルへの対応

一般的な住宅はもちろん、「二世帯住宅」「平屋」などに力を入れているのも特徴の1つ。子育てに注目した家やペットとの暮らしに注目した家作りにも力を注ぎ、対応力の広さを見せつけています。

いずれのタイプも快適さ、省エネなどの現在の家作りの基本中の基本を押さえた高品質を確保しています。

☆メリット☆

既にあるライフスタイルを変えることなく新しい住まいを探すことが可能です。

長期的なプラン

1つの家で暮らすのは1年や2年では終わりません。今後何十年とその家にお世話になることを前提に相談し、頭を抱えるのです。そんな考えを明るく照らす長期的なサービスを展開するのもパナホームの特徴。

60年長期保証延長システム」をはじめ、メンテナンスコストやリフォームコスト。今後発生するであろうあらゆる事に目を向けたサポートを行っています。

☆メリット☆

保証の長さによる安心感と充実なサポート。

パナホームの評判、口コミは?

ここからはパナホーム利用者の評判・口コミです。評判は決して良い物だけで構成されているわけではなく、あまり良くない声も届いています。相反する2種類の意見を参考に、今後の家探しに役立ててみてください。

安くはない安心感

二世帯住宅を希望していたので、ある程度の安心感が欲しくてパナホームに相談しました。価格は平均より高くなるとは聞いていましたが、両親も一緒に暮らすのでむしろその方がいいのかなと。

相談してみるとかなり多くのタイプがあることが分かり、二世帯住宅にこだわりがあるのを感じました。両親も喜んでいるので良い物を見つけたと思っています。

耐震性で選ぶ

とにかく地震に強い家、ということで素人ながら鉄骨の家を探していました。木造の方が、なんて声も聞いていたのですが担当の方の丁寧な説明で地盤の調査が特に必要だと知りそこにもこだわっているパナホームに決めました。耐震等級は間の「2」でしたが、基準よりも上らしいのでとりあえずは満足です。

目立った点はない

設備も良く、機能面にも不満はありません。ただそれは価格がもう少し安ければの話しで、実際住んでみると設備もなんだか「普通」に思えます。確かに標準仕様からあまり変更はしていないので、設備は基本的には最低ラインなのかもしれません。目立って悪いところはありませんが、良いところもない普通です。

音が気になる

遮音性が低いのか、大通りに面しているわけでもないのですが時折外の音が耳に入る瞬間があります。うるさいと感じるほどではありませんが、外からの音が入るということは中の音が漏れている可能性もあるのかもしれません。そっちの方が気になってしまい、音に関しては少々不満といったところでしょうか。

外観が似たり寄ったり

特に外観を気にして購入したわけではありませんが、いざ暮らしはじめてみると段々自分の家に見慣れてきたのか他でも同じような家をよく見かけます。

もちろんそれだけ人気ということなのでしょうが、あまりにも同じ家が続くとデザイン性に乏しく感じてしまいます。相談時にはあまり思わなかったのですが。

口コミのまとめ

住宅性能や機能に関しての不満の声は比較的少ない印象。しかしパナホームそのものの価格面などで不満が聞こえています。それを安心と感じる人もいれば、価格と設備が比例していないと思う人もいるようです。

そして気になったのは外観。同じ商品ブランドならまだしも、違う商品ブランドでも似ているという声が挙がりデザイン性に関する不満として挙げられています。

いずれの意見も賛否両論となるものが多く、好きな人は好き、気になる人は気になるといった意見が多く登場しています。

賛否両論の意見を見たところで、最後にパナホームのデメリットをご紹介します。こちらも評判同様、あくまでも参考としてご覧ください。

パナホームを選ぶデメリット

メンテナンス費用:長く暮らす家を建設することに力を入れていますが、その分メンテナンスには多大な費用がかかります。

キラテックタイル:外観の美しさと手入れのしやすさで注目を集めるキラテックタイルですが、採用すれば費用が跳ね上がってしまいます。

住宅性能の不満:断熱性・気密性に力を入れているも、Q値・C値はあまり高くない。

まとめ

評判はあくまで評判、口コミは個人的な意見。しかしながら気になってしまうのは当然のことです。パナホームのような有名なメーカーならなおさら多くの口コミが集まり、多くの意見が寄せられています

それだけ多くの人が利用しているということで、そこはしっかりと参考とするべく調べておくことも必要です。「あんな人がいる」「こんな人もいる」、と参考として受け止め事前の情報収集としておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パナホーム
フォローする
転勤族マイホーム計画
タイトルとURLをコピーしました