タマホームの平屋の特徴や住み易さはどう?

タマホームには、GalleriArt(ガレリアート)と言う平屋の商品があります。この言葉には平屋とガレージを融合させると言う意味が込められており、生活スタイルの多様化の中で平屋を見直し、ワンフロアに暮らす利便性や贅沢を楽しむと言うコンセプトも含まれています。

一方で、同社は自由設計のフリープランを中心としていますから、他の商品においても平屋建てを計画することは可能です。ですから、仕様グレードから商品を選び、自由設計で平屋の間取りを計画するのも選択肢になると思います。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タマホームの平屋の特徴、評判は?

ガレリアートには、長期優良住宅が標準仕様で設定されており、耐震性能は最高の等級3、省エネ性能においても最高等級4を基本としています。また設計はタマホームの特徴であるメートルモジュールで行われており、天井高は2.5mとしています。

メートルモジュールは一般的な910mmモジュールに比べて、おなじ6帖でも20%増しの広さになります。そして、部屋が広くなるほど天井が視覚に入りやすくなりますので、一般的な天井高さ2.4mよりも高い2.5mとするのは合理的なものだと思います。

設備関係では、IHヒーターとエコキュートでオール電化を標準仕様としています。

その他では、ビルトイン浄水器やハンドシャワー水栓、引き出し式カウンターなどを装備したシステムキッチン、床下収納庫、換気暖房乾燥機付きのユニットバス、さらにはタンクレスでフルオート便座のついたトイレ、と住設備としては十分なものだと思います。

実際に建てられた方の口コミでは、他社と比べても一番よく、基本装備で十分だと言うものがありました。

タマホーム平屋の間取り図

GalleriArt:2LDK+ビルトインガレージ

施工面積168.31m2(50.91)/延床面積136.00m2(41.14坪)

 

出典:tamahome

これはタマホームの公式HPで紹介されているガレリア商品のプランで、ビルトインガレージを含んではいますが、延床面積41.14坪の全体にゆったりとした間取りとなっています。

ビルトインガレージは、単にスペースを確保しているだけでなく、メンテナンス用具や工具などを収納する棚なども計画されており、車好きにはたまらない空間ではないでしょうか。

その他では、玄関に入ってホール越しに見える中庭、リビングと和室に配置されている広めのデッキなど、間取りを見ているだけでも快適な生活スタイルが想像できます。

全体的な動線や収納スペースのバランスなども良く、非常にいいプランだと思います。恐らく、ガレリアートのコンセプト商品なのでしょう。

元気の家:平屋 2LDK

施工面積68.50m2(20.72坪)/延床面積65.50m2(19.81坪)

出典:tamahome

これは、元気な家で紹介されているプランで、延床面積19.81坪と非常にコンパクトなものです。個室の6.3帖と5.4帖は、それぞれ一人用の広さですから、このプランを利用できるのは、かなり限定された家族構成ではないでしょうか。

また、外壁の凹凸もすくないことから、外観もシンプルなものと思われますので、かなりローコストを意識したものでしょう。

ですが、このようなシンプルなプランでも、ウッドテラスやオーニングテントなどをつけると外観が見違えるほどオシャレになりますので、ベースプランの選択としてはいいかもしれません。

大安心の家:平屋138.00m2(41.74坪)

出典:SUUMO

これは、あるユーザーが大安心の家で実際に建てられたものです。南西の一段上がった畳コーナーは就寝用だと思いますが、面白いアイディアですね。また、オープン気味なサンルームは、独特なものでユーザーの注文によるものでしょう。

北東の和室は離れ部屋のような雰囲気があり、実際にも生活音などが聞こえにくく、静かな空間になるだろうと想像できます。

このプランは、ユーザーの明確な意図を反映させたものと思われますから、ユーザーの言う満足感も納得のいくものです。

このように、参考プランを選ぶ、あるいは叩き台にする、さらにはゼロから設計するに際しては、ユーザーの望むものを明確にしておくことが失敗しないコツだと思います。

タマホームの平屋の価格・坪単価は?

数年前に実際にタマホームで平屋を建てられた方の情報では、本体価格は坪単価は28万円/坪(1000万円/36坪)だったとありました。

ただし、延床が35坪以上が前提のようです。この方の場合、屋外給排水や屋外電気配線などの付帯工事費が530万円となっていましたから、住宅を実際に使えるようにするには合計1530万円が必要で、坪当たりに換算すると42.5万円となります。

それでも、非常に安いと思います。では、他社ではどのような感じなのでしょうか、チェック知てみましょう。

アイフルホーム

同社の平屋にはAYA(アヤ)があり、コンセプトは人生を豊かに変える、ミライリッチの家づくり、となっています。

このアヤには、制振装置や太陽光発電システムを標準で装備されており、同社の「極」や「零」の価格から推測すると50万円台後半/坪になると思われます。ですから、価格的にはタマホームの競合相手にはなりえないのですが、その装備を考慮すれば非常に魅力的なもので、選択肢として候補に挙げてもいいと思います。

レオハウス

同社にはWeb上で価格シミュレーションをする画面がありましたので、出来るだけ上に挙げたタマホームの仕様に合わせてみると、30坪で1340万円となりました。

坪単価でいえば、44.66万円となります。なお、この価格には屋外給排水や屋外電気工事などの10m分まで含まれていますので、多少の追加費用が必要だとしても、45万円前後/坪になるのではないでしょうか。

つまり、タマホームと真っ向から競合する相手となります。しかし、仕様選択画面などを見ると、若干タマホームの方がいいように感じます。一方、価格シミュレーションをWeb上で公開しているところなどは情報公開に積極的で好印象を持ちます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タマホーム
フォローする
転勤族マイホーム計画
タイトルとURLをコピーしました