【スッキリ】建売住宅と注文住宅の違いは?価格差など徹底比較!

これから家を購入しようと検討している人で、建売住宅か注文住宅かで悩んでいる人もいるでしょう。

どちらにどれだけのメリット・デメリットがあるのか考える人、そもそもどう違うのかで悩んでいる人、今回はそんな人の為に「建売住宅」と「注文住宅」の違いをはじめとする情報をお届けします。

一生に2度3度と無い大きな買い物、失敗しないよう”スッキリ”と選べるよう役に立てるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

建売住宅と注文住宅の違いを紹介

建売住宅と注文住宅、どちらを選べばいいのかを知る前にまずは両者の違いについて知っておく必要があります。

名前が違うように両者にははっきりとした違いがあり、それぞれで大きなメリットとなる部分とデメリットとなる部分が存在するのです。

これらを理解しているだけでもどちらを選ぶか、選択肢が狭まるはず。建売住宅と注文住宅、1つずつご紹介いたします。

建売住宅とは

建売住宅とは土地とセットになって販売している住宅のこと。大きな特徴としては住宅本体は完成済み、もしくは完成予定のものとなり購入する側の要望を入れることはできない仕様になっています。

自分の要望を入れることができず、場合によっては完成済みとなっていることから価格帯は注文住宅に比べて安くなっているのがほとんどです。

メリットは?

価格の安さ
一番のメリットとも言えるポイントで、多くの方がここを見て購入を決定しています。外観や内装のこだわりを反映させることは難しいものの、その分低価格で購入可能です。

即入居可能
完成済みの住宅の場合、契約が済めば早い段階で引っ越しが可能。すぐに新しい家を探さなければいけない場合などにとても重宝する住宅タイプとなっています。

複雑なローンの比較的簡単に
建売住宅は価格が明確に示されています。そのためローンを組む際に煩わしい相談は必要なく、スムーズに話が進むでしょう。

デメリットは?

自分の要望は取り入れられない
間取りや設備など、要望を聞いてもらうことは基本的には難しいのが建売住宅。こだわりの家を”作る”のは不可能で、どうしても欲しい設備がある場合はいくつもの住宅を周って探すしかありません。

性能面に不安が残る
間取りや設備といった目に見えるもの以上に不安が募るのは断熱性や気密性といった住宅性能。既に完成している住宅なら尚更で、中には詳しい内面の資料を見せてくれないところもあるようです。

後々費用がかさむ場合がある
安く購入できるのが一番のメリットですが、建売住宅のほとんどが必要最低限の設備しか搭載されていません。そのため、後々設備を追加することになり結局費用が掛かることにもなり得ます。

改築が難しい
建売住宅は建築コストを下げるために、2×4で建てられる場合が多くなっています。2×4は面で構成された住宅となり、改築は非常に難しくなっているのが現状です。

長期的な住宅にはならない
コストが低いということはつまりどこかで削っているということ。それがどこであるにしろ、長く暮らすにはあまり向かないと言われています。

後々自身の子供へと引き継ぐことを想定している人もいるかもしれませんが、それもあまりおすすめはできません。

注文住宅とは

注文住宅とは一から自分の希望を詰め込むことのできる住宅のこと。広さから間取り、設置する設備など自分の要望を最大限発揮できる住宅として、一戸建てを考える人の多くがこのタイプを選択しています。

各ハウスメーカーでも発表している取り組みのほとんどが注文住宅に対するもので、年々新しい設備や住宅タイプが登場しています。

メリットは?

可能な限り詰め込むことのできる要望
やはり一番のメリットがこれになるでしょう。高い買い物になる住宅、せっかくなら自分の好みを反映させたいもの。細かい所にまで要望を出すことができ、描いていた理想像に限りなく近くすることも可能です。

建築中の経過を確認できる
計画を立てるところから注文住宅の家作りはスタートし、建築の経過を見ることも可能。施工業者とのコミュニケーションは良い家を作るためには欠かせないもので、建築中の経過もチェックもメリットとなるでしょう。

価格の調整が可能
建売住宅は建物本体と土地がセットで価格も明確にされています。そのため価格の調整が難しいのが難点ですが、注文住宅は予算に合わせた価格の調整が可能。高くなればどこかを削る、余裕があれば設備の追加など細かなところまで調整が行えます。

住宅性能も安心
建売住宅では不安要素の1つにもなっている住宅性能にも安心を確保することができます。性能面を意識した素材の使用、建築中の経過による性能の確認など安心を確保するのなら注文住宅を選びたいところです。

資産価値が高まる
こだわりを詰め込み、性能も確保、家として高い性能を誇る物は必然的に資産価値も高まります。後々手放すことになる際にも必要なポイントとなるでしょう。

デメリットは?

建売住宅に比べてかなり高額
選ぶハウスメーカーにより価格は大きく上下してしまいますが、こだわりを詰め込めば詰め込むほど価格が上昇してしまうのは注文住宅の大きなデメリット。

建売住宅に比べて場合によっては1.000万円以上も高くなることもあり、価格に対するデメリットがネックになる人も出てきています。

建売住宅の安さはコストカットがなせる技。性能や素材、どこかしらでコストカットを行っており安さが発揮できる変わりに住宅としての安全面に不安があります。

即入居は難しい
建設する期間が必要なため、契約が決まっても即入居は難しい。注文住宅を選択するのなら大前提として余裕を持った家探しを行う必要があります。

間取りや仕様のレベルの差が住宅会社によって大きい

ハウスメーカーにより得意な分野が異なり、完成する住宅に差が発生してしまうこともあります。住宅性能の高さを発揮する所、素材に力を入れている所、どこを選択するかで住宅のレベルや仕様も大きく変わるので自分に合ったメーカーを見極めなければいけません。

良い土地の入手が難しい

建売住宅は土地と住宅がセットで販売している便利な仕様、しかし注文住宅は土地と住宅がセットにはなっていません。その為、家を建てるためには二段階の計画を進める必要があり、住宅の相談と加えて土地の相談も行わなければいけません。

ところがこの土地、一般的に「良い土地」を見つけるのは難しいとされているのです。これには理由があり、不動産が「良い土地」を持っているのは当然ですが、ほとんどが一般に出回ることなく業者間で取引されるからです。

そうして残った土地が一般に出回り販売、残った土地とはつまり「あまり良くない土地」となってしまうのです。

【徹底比較】注文住宅と建売住宅どちらが良い?

建売住宅、注文住宅のメリット・デメリットをいくつも見てきましたが、結局どっちが良いのでしょうか。上で紹介した各項目から比較してみました。

価格が分かりやすいのはどっち?

価格が分かりやすいのは土地と住宅本体がセットで尚且つ明確に価格が決まっている「建売住宅。買う前の価格の確定が難しい注文住宅に比べ、断然価格面では分かりやすくなっているのが特徴です。

しかし値引きなど価格を動かすことが難しいのもまた事実。価格の確定が難しい注文住宅ですが、契約する前なら相談することも可能なので価格面での融通の利きやすさは注文住宅が上となります。

希望通りの間取りを実現しやすいのはどっち?

間取りに自身の希望を詰め込めるのは当然のことですが注文住宅になります。建売住宅はほとんどの場合希望を入れることは難しく、中には完成している住宅も取り扱っているため不可能に近いと言っても過言ではありません。

注文住宅なら自由に設計できる上、幾度かの相談で契約前までなら変更も可能。じっくりと時間を掛けて決めるのに適したタイプとなっています。

仕上がりをイメージしやすいのはどっち?

購入する前のイメージは意外と大事なポイント。自分の家となるものをしっかりとイメージ出来ていれば、家探しも捗るはずです。

イメージしやすいのは断然、建売住宅。しやすいというよりはむしろ「はっきりと見ることができる」と言うのが正解かもしれません。

注文住宅でもイメージの通りに相談を進めることは可能です。しかし当初のイメージ通りに話が進むとは限らず、間取りの変更、予算との相談、オプションの追加など注文住宅ならではの要素がたくさん出てくるはず。

その分こだわりを詰め込める注文住宅ですが、最終的に完成した家がイメージとかけ離れることも少なくありません。

家の品質で選ぶならどっち?

品質で選択するならばやはり注文住宅に軍配が上がるでしょう。

建売住宅では既に完成している、又は予定されているため性能面、素材などを追求することはできません。対する注文住宅は性能も素材も構造も、好きなだけ追求することが可能。

こだわればこだわるほど完成した家の品質が向上するので、品質、性能面を気にするなら注文住宅を選びたいところです。

間取りで比較!|建売住宅と注文住宅の違いはある?

メリット・デメリットだけでなく、「間取り」でも建売住宅と注文住宅の違いを見てみましょう。実際に違いがあるのか、あるとすればどこにどれだけ違いが出るのか、両者よくチェックしておくことをおすすめします。

新築建売住宅の間取り

1、4LDK 36坪 2.380万円

2階リビングが特徴的な住宅で、各部屋にクローゼット、そして各所に物入や物置が置かれた収納の多い住宅となっています。

玄関入ってすぐにトイレがあるのは賛否が分かれるところですが、リビングも広く、キッチンには専用の食品庫も備わっているので家事をする人にとっては動きやすい家ではないでしょうか。

出典:太平洋ホーム

2、3LDK 28坪 2.180万円

広々としたリビングに隣接するようにタタミコーナーが置かれているのが印象的。個室ではなく扉も壁もないリビングと繋がる形で置かれ、洗濯物を畳んだりくつろぐ際にも使いやすい場書となっています。

バルコニーは片側一面に設置されるタイプではなく、奥行きを持たせたタイプとなっているのも特徴です。

出典:スターホーム

注文住宅の間取り

1、3LDK 33坪

1階は共同空間を中心にした設計。キッチンのすぐ隣に家事が捗るユーティリティルームを設置している点がこだわりの箇所です。

2階はそれぞれの部屋を用意し、両側にバルコニーを設置しているので全ての個室から外へと出ることが可能。光の溢れる家が完成しています。

出典:一条工務店

2、3LDK 34坪

特徴的な形をしている住宅で、リビングから直接庭へと出ることができるよう設計されています。

キッチンの真向かいが庭になるので、家事をしながら外の景色を楽しむことができ、小さな子どもがいる家庭なら遊んでいる姿を見守ることもできるでしょう。

玄関にはシューズクローク、2階ホール部分には家族用のクローゼットを設置し、収納に困ることはありません。

出典:三井ホーム

まとめ

建売住宅と注文住宅に関する情報をお伝えしてきました。双方にメリットとデメリットが存在し、価格では建売住宅品質では注文住宅と答えを出してきましたが、購入する方がどこを中心に家探しを行うかは人それぞれです。

つまりどちらにも適した人がいるということ。そしてどちらが自分に合っているのか、それを見極めるのが必要になるということです。

2つのタイプの住宅をよく見て、比較すれば自ずと自分に当てはまる物を見つけることができるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
建売住宅
フォローする
転勤族マイホーム計画
タイトルとURLをコピーしました