ウォークインクローゼットのデメリットは?収納に便利か口コミも紹介

「ウォークインクローゼット」と言えば大容量な収納スペースとして人気のもの。特に物を多く所持する女性に人気のスペースで、新築で家を建てる際にはこのスペースが決め手になると言っても過言ではありません。

しかし、ただ広いというだけで実際の使用感はなかなか暮らす前には分からないもの。

そこで今回はこの「ウォークインクローゼット」についてメリット・デメリットなどをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウォークインクローゼットとは?

ウォークインクローゼットはなくとも、クローゼット自体はほとんどどの家庭にもあるでしょう。ではこの一般的なクローゼットとウォークインクローゼットの違いとは何なのでしょうか。

一般的なクローゼットは、物を収納するだけで実は対して収納力が無いことが多々あります。しかしウォークインクローゼットとなると話は別で、直接クローゼットの中へと足を踏み入れることが可能。このことから「ウォークイン」の名が付き、大容量の収納スペースとして存在することになります。

実際の広さは家により様々で、人一人入るのが限界な所もあれば、3畳ほどの広さになるものも存在します。

もはや1つの”部屋”として成り立つスペースで、服やバッグはもちろん普段は使わない大きな物まで収納することができます。

収納に便利?ウォークインクローゼットのメリットは?

実際にどんなメリットが得られるのか、ウォークインクローゼットのメリットをいくつか挙げてみます。

室内を広く活用できる

大容量な収納が可能なウォークインクローゼット。大きな荷物を置くのはもちろん服や小物だってしまい込むことができます。

服がしまえるということは一般的に使用している大きなタンスなどを部屋に置く必要がなくなるということ。その分部屋を広く使うことができるので、広々とした空間を堪能できます。

さらに季節ごとに衣服を分けて収納すれば、衣替えの必要もなく楽チンです。

家中に物が散乱するのを防ぐ

ウォークインクローゼットは、これまで寝室に設置するのが一般的でしたが、徐々にそれ以外の場所にも設置することが増えてきています。これにより物をしまえる場所が増え、より物で溢れることを防ぐことが出来るようになりました。

人が集まり物で溢れがちな場所に設置すると、使い勝手も各段にアップするでしょう。

細かな設計が可能

ただ服を吊したり大きな物を置くだけがウォークインクローゼットではなく、用途に合わせて設計することも可能です。細かい棚や収納ケース、コートなどの衣類専用の置き場所を作ることもでき、ウォークインクローゼット内でもこだわりを発揮することができます。

着替えもできる

スタンドミラーを置けば中で着替えることだってできます。これにはさすがにある程度の大きさが必要ですが、着替えや小物がすぐ近くに置いてあるので簡単に着替えることが可能。いろいろなコーディネートを簡単に試すことができるようになります。

間取りも考えよう!ウォークインクローゼットのデメリットは?

ウォークインクローゼットに関するデメリットも同時にご紹介。メリットと合わせて確認することをおすすめします。

間取りの設計に頭を使う

贅沢にスペースを取るとかなりの広さになるウォークインクローゼット。中でも「廊下と一体型」となっているものなどは、特に間取りの設計が難しくなっています。よく考えた上で設計しないと、いざ暮らしてみて使いにくさを感じるなんてことにもなり兼ねません。

デッドスペースの発生

ウォークインクローゼットには人が歩くスペースを確保することが必要で、その部分がデッドスペースとなってしまいます。つまりデッドスペースの分だけ空間ができ、収納できなくなってしまうのです。

整理整頓が苦手な方はウォークインクローゼットの中が乱雑になりやすいので、収納棚やカゴなどを上手に使って日頃からまとめるようにしましょう。

結露が出ることがある

閉め切った空間になりがちなウォークインクローゼットは、風通しが悪くなり場合によっては結露が発生してしまうことがあります。衣服や紙類に特にダメージが大きく、湿気対策は必要不可欠と言えるでしょう。

内部に24時間換気システムの排気口や小さな窓などを設置して風の通りをよくするといいでしょう。

照明を置く時の注意

家によってはかなりの広さになることもあるウォークインクローゼット。奥にいけばいくほど暗く見えにくくなり、照明は必要不可欠な設備となるでしょう。

光熱費は大したことにはならないかもしれませんが、密着した場所なので火事にならないとも言えません。照明を置く場合は注意が必要です。

ウォークインクローゼットの口コミ!

大容量収納スペースとして人気を集めるウォークインクローゼット、その体験談となる口コミもご紹介いたします。

悪い口コミ

「スペースとしては広く使い勝手も良いのですが、中央は人が入るためぽっかりと空間があいています。ここが少しもったいないような気もしてしまいます」

「物をたくさん片付けられるのはメリットです。でもその分ウォークインクローゼット自体がごちゃごちゃしてしまいがち。物を一箇所に集めると整理が大変です」

良い口コミ

「寝室に付いているのでいつでも寝室がきれいさっぱり片付きます。それ以外の場所の使わない物もしまっておけるので、結果的に家全体がきれいになります」

「ある程度の広さを確保できるので、中にスタンドミラーを置けば衣装部屋としても使えます」

「服だけじゃなく大きな荷物も入れることができ、なかなか捨てられない物もしまっています。物が増えてしまいがちですが、なかなか断捨離が苦手な自分でも部屋をきれいに保つことができています」

「夫婦の寝室だけじゃなく、少し贅沢に子供達の部屋にもそれぞれウォークインクローゼットを設けました。みんな取りあえずは中に入れてくれているので部屋がスッキリしています」

まとめると

物をしまうことで室内がスッキリするというのはウォークインクローゼットを代表する良い部分。一方で悪い部分として挙げられるのは、ウォークインクローゼット内部の整理の問題のようです。

そして気になるのは人が入ることによる空間の中央。もしかするとこの中央の空間のせいで実は使える容量は大したことはないのでは、なんていう声も聞こえています。

ただしまい込むだけではウォークインクローゼットもまた雑多になってしまいます。内部の整理など使い方が肝になるのかもしれません。

まとめ

あれば便利になること間違いなしのウォークインクローゼット。でも大切なのは中身の管理と設置の仕方にあるようです。上手く使えば大容量を収納できますが、一歩間違えば使い勝手の悪さを引き起こします。

ただ物を押し込めるのではなく、ウォークインクローゼットの中できちんと場所を決めることが上手な使い方となるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
間取り
フォローする
転勤族マイホーム計画
タイトルとURLをコピーしました