3階建て住居のトイレの数はどれくらい必要?ポイントや口コミを紹介

3階建て住宅を建てる時、トイレの設置もまた悩むポイントの1つです。どこに置くのか、いくつ置くのか、設置する数で暮らしやすさもガラっと変わることになるでしょう。

いくつかあれば便利なトイレ。しかし考えなければいけないのは数ではなくどういう暮らしを送るのか。家庭の暮らし方を考えながらトイレの設置を考える、そのポイントをお教えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アパートやマンション、平屋のトイレの数って?

まずは基準となるトイレの個数を知るため、アパート・マンション、そして平屋のトイレの個数についてご紹介します。2階建てではなく1フロアからなる住宅ならではの暮らし方が鍵を握ります。

アパートやマンション

アパートやマンション。それが分譲マンションだとしてもほとんどがトイレは1つに収まるでしょう。この数を基本に広く豪華なところになると、場合によっては2つ設置するところもあるようです。しかし広さの問題などからほとんどのアパートやマンションでは1つになるでしょう。

平屋

ではアパートやマンションとは違い、1フロアの一戸建て「平屋」となるとどうでしょう。ここでも同じようにトイレの数は1つとなるところがほとんど。そもそも平屋を建てる際の家族の人数や暮らし方で、1つで十分としていることが理由となります。夫婦二人で暮らす、余分な費用はかけないという考えから平屋を建てる人も多く、平屋住宅でもまたほとんどがトイレは1つとなっています。

3階建てのトイレはどれくらい必要?トイレの数を考える際のポイント

ではここで今回注目したい「トイレの数を考えるポイント」についていくつかご紹介したいと思います。まずは「コスト」から。人によってはこれが一番の悩みどころになるかもしれません。

コスト

「費用を抑えたい」という人がいるように、トイレの設置は実はそれなりのコストがかかります。1つのトイレの追加で約20~30万円がかかるとされており、便器の設置に加え、扉や窓そして配管などいくつもの工事が必要になります。トイレの数が増えれば増えるほど費用もかかるのでよく考えなければいけません。

できるだけ部屋をたくさん作りたい

トイレの追加は費用に加えてスペースも余分に使うことになります。その分他のスペースを圧迫し、時にはどこか削らなければいけない箇所が出てくることにもなり兼ねません。

トイレの設置に消極的な人は「その分どこかで部屋を作りたい」と考えていることもあり、他のスペースの確保のためにトイレの設置を断念することもあるようです。

落ち着く場所に設置できるか

ただトイレの数を増やすだけでは決して快適とは言えず、どこに設置するかが大きなポイントにもなります。特にトイレは家の設備の中でもプライベート空間として高い存在を示す場所であり、落ち着いて使える場所に設置する必要があります。

3階建ては狭小住宅として建てられることも多く、1部屋1部屋のスペースが狭くなりがち。間取りの問題や各部屋のスペースの問題を考慮した上で必要な場所を探らなければいけません。

住む人数を考える

最後のポイントは「住む人数」です。夫婦二人ならトイレは1つで事足りますが、多くなればなるほどトイレの数に不満が生じます。4人以上の家族になると不便さを感じ始めるようで、もしも家族の人数が多いのならトイレは2つ以上は設置したいものです。

もちろん現時点でまだ多くはないものの、今後増えることを想定しておくというのも必要かもしれません。

【3階建て】トイレの数についての口コミ!

トイレの数に関する口コミも合わせてご紹介しておきます。

悪い口コミ

・スペースや費用のこともあり2階と3階にトイレを設置。でも夫婦の寝室は1階で、夜中トイレに起きる時に階段を上らなくてはいけません。これが意外と辛い。1階にも置けばよかったと少し後悔しています。

・3階建てなので各階にトイレを置くことにこだわりましたが、やっぱりコストがかかってしまいました。別のスペースを作ってもよかったのかなと思っています。

良い口コミ

・トイレは2つで十分だと考え、その上でトイレに行くのに階段を上るのは嫌という結論に。結果的に1階と2階にトイレを設置しましたが、今のところ不便さは感じません。

費用のことを考えるとトイレを3つは贅沢過ぎます。トイレは少し我慢して代わりに部屋を広げることができたので、代わりのスペースの使い方をするほうが良いのかもしれません。

・前の家では2階建てでトイレは1つ。案の定取り合いが起きていたので、今回は3つのトイレを各階に設置しました。おかげでスムーズな使い方ができ、朝の支度にも少しの余裕ができたように思います。

あまり深く考えず3つのトイレを設置しましたが、ある時1つが故障しその時に多く設置していることのメリットを感じました。不測の事態にも対応できるという考えもアリかと思います。

まとめ

必ずしも多く設置することがメリットとなるわけではなく、2つでも十分という考え方が多く見られました。費用面でのデメリットもあり、それならスペースを別の使い方をする人も多く、必ずしもトイレが優先にはならないようです。

3階建てという特徴のある住宅なので、暮らし方を考えての設置が何よりも重要になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3階建て
フォローする
転勤族マイホーム計画
タイトルとURLをコピーしました